大腸カメラ(大腸内視鏡検査)

当院の大腸カメラ(大腸内視鏡検査)の特徴

内視鏡を肛門から挿入し、直腸から盲腸までの大腸すべてを検査します。
京都のテイ医院では、設備面や技術的なことを含め、工夫を積み重ねることで、苦痛の少ない大腸内視鏡検査・大腸カメラを実施しております。京都のテイ医院の大腸カメラ(大腸内視鏡検査)の特徴

1苦痛の少ない大腸カメラ検査(大腸内視鏡検査)

苦痛の少ない大腸カメラ検査(大腸内視鏡検査)大腸カメラ検査では、本来の内容物の動きとは逆向きに肛門からスコープを挿入します。
当院では、検査時の苦痛を少しでも和らげ、「また次回もここで受けよう」と感じていただけるように努めております。

大腸カメラ(大腸内視鏡検査)が楽に受けられる理由
  1. 鎮静剤(麻酔)。鎮痛剤を使用するから
    ご希望の方には、鎮静剤や鎮痛剤を使用して検査いたします。
    半分眠ったようになり「もう終わったの?」という感覚で検査を終えられます。
  2. 短時間で検査が終了するから
    正しい知識と豊富な経験、また優れた挿入性を持つ内視鏡の導入により、当院の大腸カメラ検査は通常30分以内で終了します。(患者様によって所要時間は変わります。)
  3. 前処置の下剤を選択できるから
    検査前に飲む下剤を、スポーツ飲料味のマグコロールPとオレンジ味のピコプレップをご用意し、お好みに合わせて選択していただけます。
  4. 炭酸送気システムにて検査後のお腹の張りを軽減できるから
    検査中に大腸を膨らませる際、空気ではなく吸収されやすい炭酸ガスを送気することで、検査後のお腹の張りが軽減されます。炭酸ガスは無害ですので、ご安心ください。

2内視鏡専門医による精度の高い大腸カメラ検査

内視鏡専門医による精度の高い胃カメラ検査日本消化器内視鏡学会の認定専門医である院長が、知識と経験を活かした高精度の検査を行います。

3高精度な内視鏡検査システムを導入

高精度な内視鏡検査システムを導入オリンパス製の最新の内視鏡システム「EVISLUCERAELITE」による、高解像のハイビジョン画像で大腸粘膜を観察します。照射する光の波長を変えることで小さな病変を浮かび上がらせる「NBIシステム」も搭載しております。

4胃カメラと大腸カメラ同日での検査が可能

胃カメラと大腸カメラ同日での検査が可能ご希望の方には、胃カメラ検査と大腸カメラ検査を同日中に受けていただくこともできます。

5日帰りでの大腸ポリープ切除が可能

日帰りでの大腸ポリープ切除が可能検査で大腸ポリープを発見した際には、NBIシステムを活用した拡大観察を行い、良性・悪性の診断を行います。ポリープが1センチ未満であれば、患者様のご同意に基づき、その場での切除が可能です。

6リカバリールームあり

リカバリールームあり鎮静剤を使用された患者様には、検査後に専用のリカバリールームでゆっくりとお休みいただけます。

7診察のWEB予約が可能

診察のWEB予約が可能大腸カメラ(大腸内視鏡検査)は事前に診察が必要です。事前診察は予約なしでも可能ですが、お待ちいただくこともございますので診察のWEB予約をしていただくとスムーズにご案内が可能です。

8当院は大腸がん二次精密検査医療機関です

当院は大腸がん二次精密検査医療機関です当院は大腸がん二次精密検査医療機関の指定を受けております。
健康診断などで異常を指摘された方も内視鏡専門医による二次精密検査を行います。

このような症状の方に大腸カメラ(大腸内視鏡検査)をおすすめします

特に以下のような症状がある方には、お早目の大腸内視鏡検査をおすすめします。

  • 下痢または便秘がち
  • 下痢と便秘が交互にやってくる
  • 便が細い
  • しばしば腹痛に見舞われる
  • お腹が張っている
  • 血便があった、便潜血検査で陽性が出た
  • 健康診断で要精密検査を言い渡された
  • 貧血を指摘された
  • 消化器に関わるがんにかかった血縁者がいる

大腸カメラ(大腸内視鏡検査)で発見可能な病気

大腸カメラ検査では、主に以下のような病気が発見できます。

  • 大腸ポリープ
  • 大腸がん
  • 潰瘍性大腸炎
  • 大腸鼓室症
  • 虚血性腸炎
  • クローン病など

大腸カメラ(大腸内視鏡検査)の流れ(所要時間)

スコープを肛門から挿入し、直腸から盲腸までの大腸すべてを検査します。1センチ未満のポリープの場合、その場での切除も可能です。
所要時間:30分~1時間

Step1検査前日(ご自宅)

食事について
  • 夕食だけでなく、昼食、朝食も、消化の良いものを食べてください。
  • 夕食は、午後8時までにお済ませください。その後、絶食です。水分は、お茶、お水、スポーツ飲料などで多めに摂ってください。

おすすめの食べ物…素うどん、おかゆ、バターなしの食パン、豆腐、やまいも、皮をむいたジャガイモ、具なしのスープ・味噌汁、バナナ、皮をむいたりんご

避けるべき食べ物…アルコール、刺激物、きのこ類、野菜、こんにゃく、果物、海藻、玄米、中華麺、そば

下剤について

下剤について夕食後の午後8時、下剤を服用していただきます。

マグコロールP(スポーツ飲料味)

コップ1杯の水にピコスルファートナトリウム1本を入れてお飲みいただきます。

ピコプレップ(オレンジ味)

ピコプレップ1包を水150mlに溶かし、2,3分かき混ぜます。その後ピコスルファートナトリウム1本を入れて飲んで下さい。次にお茶、水、スポーツ飲料のいずれかを1杯250ml、20分~30分かけて、合計5杯を2時間程度でゆっくりお飲みいただきます。

Step2検査当日朝(ご自宅)

検査当日朝(ご自宅)朝食は抜いてください。

マグコロールP(スポーツ飲料味)

マグコロールPを1.8Lの水に溶かし、2時間ほどかけて少しずつお飲みいただきます。

ピコプレップ(オレンジ味)

ピコプレップ1包を水150mlに溶かし、2,3分かき混ぜてから飲んで下さい。次にお茶、水、スポーツ飲料のいずれかを1杯250ml、20分~30分かけて、合計5杯を2時間程度でゆっくりお飲みいただきます。

いずれも服用しつつお手洗いとの往復を繰り返し、大腸内をきれいにします。服用後も水分はお取りいただいて構いません。
※服用しても排便がなかったり、腹痛が強かったりする場合はクリニックにご連絡下さい。

Step3検査当日(ご来院)

検査当日(ご来院)ご来院後、検査着にお着換えの後、ご希望の方には鎮静剤や鎮痛剤を投与してから検査開始です。
検査時間は30分程度です。(ポリープ切除を行う場合、多少時間が延びます)

Step4検査開始

検査開始

  • 検査着にお着替えの後、ご希望の方には鎮静剤を投与してから、検査開始です。
  • 検査時間は15~20分ほどです。(ポリープ切除を行う場合、多少時間が延びます)

Step5検査終了

検査終了

  • 鎮静剤を使用した方は、リカバリールームでゆっくりとお休みいただきます。

Step6診察

診察

  • 意識とお身体がしっかりしてから、検査結果の説明を行います。

大腸カメラ(大腸内視鏡検査)の費用・料金

健康保険で3割負担の場合

初診料・大腸カメラに必要な薬剤・血液検査 約2,000円~3,5000円
大腸内視鏡検査(大腸カメラ) 約5,000円
細胞検査(追加費用) 約3,500円~7,000円
大腸ポリープ切除術 約17,000円
合計 約8,000円~30,000円

大腸カメラ(大腸内視鏡検査)前後の注意事項

  • 鎮静剤を使用した場合には検査当日の車・バイク・自転車などの運転はできません。帰宅後も眠たくなることがございますので、火を使う調理なども出来るだけお控え下さい。
  • 検査以外の処置がなかった方は、ご帰宅後、普段通りのお食事を摂っていただけます。
  • 生検やポリープ切除などの処置を受けた方は、アルコールや刺激物を避けたお食事を摂ってください。
  • 万が一、液状の血便がたくさん出たときには、すぐにご連絡ください。

定期的に大腸カメラ(大腸内視鏡検査)を受けていただくことをおすすめします

定期的に大腸カメラ(大腸内視鏡検査)を受けていただくことをおすすめします国内では、大腸がんが死因の上位に位置しています(女性1位、男性3位)。ポリープの中にはがん化するものがありますが、内視鏡で切除できるケースも増えています。
当院では、苦痛を抑えた大腸カメラ検査を実施しております。3年に1回を目安に、できるだけ定期的に受けていただくよう、お願いいたします。

一番上に戻る
ご予約お問い合わせ TEL:075-752-0556ご予約お問い合わせ TEL:075-752-0556 24時間WEB予約24時間WEB予約

〒606-8404 京都市左京区浄土寺下南田町3-5

  • 駐車場4台完備
  • 「法然院町」停留所徒歩1分
休診:火曜午後、木曜、土曜午後、日曜、祝日
TEL:075-752-0556
医療法人社団 テイ医院