胃カメラ

当院の胃カメラの特徴

京都のテイ医院の胃カメラ検査では、食道、胃、そして十二指腸の一部の検査を行います。
極細のスコープを鼻に通す「経鼻内視鏡」を採用しているため、口から通す「経口内視鏡」と比べて患者様のご負担が大幅に軽減されます。
健康診断で要精密検査となった方も、胃の調子が気になるという方も、お気軽にご相談ください。sdsds

1苦痛の少ない胃カメラ検査

京都で苦痛の少ない胃カメラ検査ならテイ医院胃カメラ検査における「苦痛」の大部分は、スコープが口から喉を通過するときの不快感です。
当院では、これまでの胃カメラ検査では当たり前だった苦痛を軽減することに努めています。

胃カメラが楽に受けられる理由
  1. 経鼻内視鏡で嘔吐反射が起こりにくいから
    スコープを鼻から通す「経鼻内視鏡」による検査であるため、不快感や嘔吐反射が起こりにくくなります。
  2. 鎮静剤(麻酔)を使用するから
    ウトウトと眠った状態を作る静脈剤を使用するため、「もう終わったの?」という感覚で検査を終えていただけます。

2初診当日に胃カメラ検査が可能

初診当日に胃カメラ検査が可能な京都のテイ医院初診当日に胃カメラ検査を受けていただくことも可能です。
※他の患者様のご予約の状況によっては、対応できないこともございます。まずは一度、お電話でご連絡ください。
※当日予約、当日初診での胃カメラ検査をご希望の場合は、直前の一食(朝食・昼食)を抜き、水またはお茶のみで検査に備えていただく必要があります。

3内視鏡専門医による精度の高い胃カメラ検査

内視鏡専門医日本消化器内視鏡学会の認定専門医である院長が、確かな知識と豊富な経験に基づいた高精度の検査を行います。

4高精度な内視鏡検査システムを導入

内視鏡専門医による精度の高い胃カメラ検査オリンパス製の内視鏡システム「EVISLUCERAELITE」がハイビジョン画像を映し出します。照射光の波長を変えて異常粘膜を強調する「NBIシステム」を搭載しており、病変の早期発見が可能です。

5胃カメラと大腸カメラ同日での検査が可能

高精度な内視鏡検査システムを導入お忙しい方、できるだけ検査はいっぺんに終わらせたいという方には、胃カメラ・大腸カメラの同日検査が可能です。

6リカバリールームあり

胃カメラと大腸カメラ同日での検査が可能鎮静剤を使用した方は、意識やお身体の状態が整うまで、リカバリールームでゆっくりとお休みいただけます。

7WEB予約が可能

リカバリールームあり胃カメラ検査のWEB予約が可能です。当日受診いただくことも可能ですが、お待ち頂くこともございますので、WEB予約をご利用頂くとスムーズに診察・胃カメラ検査を受けていただくことが可能です。

8当院は胃がん二次精密検査医療機関です

WEB予約が可能京都市左京区のテイ医院は胃がん二次精密検査医療機関の指定を受けております。
健康診断などで異常を指摘された方も内視鏡専門医による二次精密検査を行います。

このような症状の方に胃カメラをおすすめします

  • 胸のむかつき
  • 胃の不快感
  • 腹部の張り
  • 便秘ぎみ
  • 呑酸がある
  • 健康診断で要精密検査を言い渡された
  • ピロリ菌陽性と言われた
  • 過去に胃炎、潰瘍を発症したことがある

胃カメラで発見可能な病気

バリウム検査とは異なり、食道、胃、十二指腸の一部をカメラで直接観察するため、該当器官でのさまざまな病気を、早期に発見することができます。

  • 胃がん
  • 食道がん
  • 逆流性食道炎
  • 胃ポリープ
  • 胃炎
  • 胃潰瘍
  • 十二指腸潰瘍
  • アニサキス
  • ヘリコバクターピロリ感染症

胃カメラの流れ(所要時間)

スコープを鼻から通す経鼻内視鏡により、食道、胃、十二指腸の一部を検査します。
所要時間:5~10分

Step1検査前日

当院は胃がん二次精密検査医療機関です

  • 午前中検査の場合、夕食は21時までに、消化に良いものを、軽く摂ってください。
  • 夕食後は絶食とし、水分以外のものを口にしないようにしてください。

Step2検査当日

検査前日

  • 午前検査の場合は朝食、夜診の場合は昼食検査前の一食(朝食・昼食)を抜いてください。その後は絶食ですが、水、お茶は適量飲んでいただいて構いません。
  • ご来院後、体調や既往歴、服用中のお薬、アレルギーなどについての問診させていただきます。

Step3検査開始

検査当日

  • 鼻腔に表面麻酔をかけ、ご希望の方は鎮静剤を投与し、検査を実施します。
  • 検査は通常5分ほどで終了します。
  • 鎮静剤を使用することで、ほとんど感覚のない状態で、あっという間に検査が終わります。

Step4検査終了

検査開始

  • 鎮静剤を使用した方は、リカバリールームでゆっくりとお休みいただきます。

Step5診察

検査終了

  • 意識とお身体がしっかりしてから、検査結果の説明を行います。

胃カメラの費用・料金

健康保険で3割負担の場合
初診料・胃カメラに必要な薬剤・血液検査 約2,000円~3,5000円
胃カメラ 検査のみ 約4,000円
細胞検査(追加費用) 約3,500円~7,000円
合計 約6,000円~15,000円

胃カメラ前後の注意事項

  • 胃カメラ検査は低侵襲検査ですが、検査後1時間は絶飲食です。1時間経過してからまずはお水を飲んでいただき、むせたりしないことを確認してからお食事を召し上がって下さい。また、できるだけ消化の良いもの、刺激の少ないものを摂るようにしてください。
  • 鎮静剤を使用した場合には検査当日の車・バイク・自転車などの運転は必ずお控え下さい。ご家族の送り迎えや付き添いでの公共交通機関でのご来院・ご帰宅をお願いしております。帰宅後も眠たくなることがございますので、火を使う調理なども出来るだけお控え下さい。

定期的に胃カメラ(胃内視鏡検査)を受けていただくことをおすすめします

診察

胃がんや食道がんをはじめとする病気は、早期発見・早期治療が大切です。発見・治療が遅れると、お身体へのご負担、経済的なご負担が大きくなります。
40代以上の方は、年に1回を目安に、定期的に胃カメラ検査を受けていただくことをおすすめします。

一番上に戻る
ご予約お問い合わせ TEL:075-752-0556ご予約お問い合わせ TEL:075-752-0556 24時間WEB予約24時間WEB予約

〒606-8404 京都市左京区浄土寺下南田町3-5

  • 駐車場4台完備
  • 「法然院町」停留所徒歩1分
休診:火曜午後、木曜、土曜午後、日曜、祝日
TEL:075-752-0556
医療法人社団 テイ医院