潰瘍性大腸炎

潰瘍性大腸炎とは

潰瘍性大腸炎大腸の粘膜に炎症が起こり、びらん(ただれ)や潰瘍が生じている状態を、潰瘍性大腸炎と呼びます。悪化すると、大腸に穴が開いてしまうことがあります。また、長く放置していることで、大腸がんのリスクも高まります。
かつては欧米でよく見られる疾患でしたが、近年は国内での発症者数が急増しております。
はっきりとした原因はまだ分かっていませんが、遺伝的要因に環境的要因(乳幼児期の抗生剤使用など)が重なり、免疫異常を起こして発症するのではないかと言われています。
治療では、免疫異常を抑える薬物療法、食事療法などが行われます。緊急を要する場合には、手術も行われます。
症状のコントロールをしながら、大腸粘膜の状態を落ち着かせていくことが重要になります。

潰瘍性大腸炎の症状

潰瘍性大腸炎の症状としては、以下のようなものが挙げられます。少しでも心当たりがある場合には、お気軽にご相談ください。

  • 腹痛
  • ひどい下痢
  • 粘り気のある血便
  • 発熱
  • 貧血
  • 体重減少 
  • 頻脈 など

 

潰瘍性大腸炎の診断

症状、既往歴などをお伺いし、大腸カメラ検査、X線検査、便潜血検査、血液検査などを選択的に実施し、診断します。
他の腸疾患との鑑別が重要になります。当院では、苦痛の少ない大腸カメラ検査を実施しております。

潰瘍性大腸炎による合併症

潰瘍性大腸炎には、以下のような合併症が見られます。

  • 大腸の狭窄、穿孔
  • 大腸がん
  • 関節炎
  • 虹彩炎
  • 膵炎
  • 皮膚疾患 など

潰瘍性大腸炎の再燃

潰瘍性大腸炎は、一度粘膜の状態が良くなり寛解した方でも、炎症が再燃することが珍しくありません。
定期的に、できるだけ年に1度は大腸カメラ検査を受け、炎症の再燃を早期に発見し、治療の負担を軽減することが重要になります。

潰瘍性大腸炎と食事

潰瘍性大腸炎は、薬物療法、食事療法、緊急を要する場合には手術の適応となります。
基本的には薬物療法と食事療法が行われていますが、ここでその際のお食事の内容についてご説明します。

炎症が強い「活動期」の食事

できるだけ消化の良いものを食べるようにしましょう。「高エネルギー」「高たんぱく」「低脂肪」の食事を意識してください。
卵、大豆製品、鶏肉、魚などの食べ物をおすすめします。

避けるべき食べ物・飲み物
  • 食物繊維が豊富なもの
  • 揚げ物
  • 刺激物(香辛料を多く含むもの)
  • コーヒー、アルコール
  • その他冷たい飲み物

炎症が収まった「寛解期」の食事

厳しい食事制限は不要になります。食事のバランスには注意しましょう。

注意点
  • 栄養バランスの良い食事を摂りましょう。
  • 暴飲暴食は避けてください。
  • 刺激物、アルコール、コーヒーなどもできるだけお控えください。
一番上に戻る
ご予約お問い合わせ TEL:075-752-0556ご予約お問い合わせ TEL:075-752-0556 24時間WEB予約24時間WEB予約

〒606-8404 京都市左京区浄土寺下南田町3-5

  • 駐車場4台完備
  • 「法然院町」停留所徒歩1分
休診:火曜午後、木曜、土曜午後、日曜、祝日
TEL:075-752-0556
医療法人社団 テイ医院